社会人10年目の僕がスキーマ療法に人生を賭けてみた

慢性的な生きづらさを感じ人生に幸せを感じられない僕が変われるかどうかを見届けるブログ

カウンセリング【7日目】パニック発作に筋弛緩法を試す

「カウンセリングに来るようになって、これまで以上に、自分の感情や気持ち、体調なんかに目を向ける機会が増えました。」 カウンセリングの始まりにいつも先生から「今週はどうでしたか?」と聞かれるので、僕はそう答えました。 「僕の場合、パニック発作…

カウンセリング【6日目】同僚Nとの出来事

同僚のNは僕の後輩ですが、何かと突っかかって来ることが多く、また、仕事の話をしようとしてもまともに対応をされたことがほとんどありませんでした。僕のことを敵視していた人間は、当時職場に少なくとも3人居ましたが、そのなかでもNは別格です。そのため…

カウンセリング【5日目】会社面談を終えて

会社面談から2日後、カウンセリングの日でした。会社面談の内容については先日の記事をご覧ください。 schema-therapy.info 「この1週間どうでしたか?」と、いつものように先生が尋ねます。僕はもちろん会社面談のことを話しました。復職までに「プロフェッ…

会社面談【1回目】

休職から約1年半体調を崩す日もなく、気分の落ち込みが酷い日もなくなりました。そろそろ復職について考えるタイミングです。 僕の場合は、慢性的な生きづらさがあることから『スキーマ療法』に挑戦しているところですが、そちらはそちらで並行しながら、復…

カウンセリング【4日目】コラムシートから見えてきたスキーマ領域

「この1週間どうでしたか?何か変化や、出来事はありましたか?」そんな先生の質問からスタートしたカウンセリング4日目。僕は、来週、会社で上司との面談があり、それが不安であることを伝えました。休職期間中に上司が変わり、十分にコミュニケーションが…

早期不適応的スキーマについて

3回目のカウンセリングで見え始めてきた『スキーマ』スキーマ療法でいうスキーマとは基本的に『早期不適応的スキーマ』のことを指します。『早期不適応的スキーマ』は、子ども時代に、子どもがふつうに持って当然の欲求が満たされないと、心が傷つき、その…

カウンセリング【3日目】3コラムに書いた出来事について考える

前回までで僕の過去をあらいざらいカウンセラーに話し、晴れてカウンセラーは、“僕のことを世界で二番目に知っている人”になったわけです。いえ、もしかしたら僕以上に僕のことを知っている人物かもしれません。僕は僕自身を十分に客観視できているかという…

カウンセリング【2日目】学生時代の出来事のヒアリング

今日は二度目のカウンセリングの日でした。 相変わらず早く着いてしまいましたが、さすがに外で待機するのは暑かったので中で待たせてもらいました。 時間になると先生が呼びに来てくれました。 「よろしくお願いします。」 とりあえず宿題の3コラムのシー…